月別アーカイブ: 2017年7月

よほど注意して乗っていても自然に出来てし

妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、もっと

妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、もっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い替えたときのことです。

ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。 続きを読む

中古車を売るなら、出来るだけ高く良い値をつけてもらいたいも

具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、平均で1年間に1万キロ

具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、平均で1年間に1万キロ以上走っている、一般好みされない車体色である、車体になんらかの傷や汚染が見られる、車の装備品が壊れている、車内での喫煙等が挙げられます。また、車体の修理をされているということも査定額に関わります。 続きを読む

自動車の下取り価格を多少でも高値にするに

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場合、残念

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場合、残念ながらお金にならないこともあります。

具合的な話ですと、発売から時間が経っているもの(10年以上)、また10万キロを超えているもの、自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては値段がつかないものが大半です。 続きを読む

中古カービュー車査定の業者が出してきた査定金額に自分が納得でき

出張査定を受けても手数料はまずかかりませんし、自宅や会社

出張査定を受けても手数料はまずかかりませんし、自宅や会社などで査定を受けられるので、利用しやすくなっています。しかし、強く押されると断れないと自覚している方は買取業者の店舗に直接持ち込む方が気楽かもしれません。 続きを読む

引越しをすると駐車場の場所が確保が出来なくて、元々

車買取業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で査定に

車買取業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で査定に大きな違いがでることを知っておくべきでしょう。車好きの人なら知っているかもしれませんが、およその基準があって、1年に10000kmを標準とするので2年なら2万キロ、10年10万キロ。 続きを読む

車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですがこ

普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷

普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、査定時に減額されないことが多いので、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や大きなへこみがあるケース、塗装がはがれていたりする場合にはマイナス査定になりますが、査定が低くなるのを避けるために個人で直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。 続きを読む

車の下取りで注意しなければいけない事は、自動車税の還付に関

買取で高値が付く車というとなんといっても軽自動車で

買取で高値が付く車というとなんといっても軽自動車です。

「最近では足代わりに安い車が欲しいというお客様が増えてきている」「そのまま店で代車として使うこともできる」と中古車査定業者が言っているのを聞いたことがあります。 続きを読む