乗用車の下取り価格を少しでも高額にするに

買取業者が詐欺を働く場合もあるので

買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。

比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、色々と難癖付けるようなことを言ってそれよりも大幅に低い額での買取を強要してきます。

納得できず、買取を断ろうとすると、車は既に手元にないと言って、運送料、保管料などの理由でお金を請求するという手口も確認されています。その他にも、車の受け渡しをしたのにいつまでたっても代金が振り込まれないという詐欺もあります。

車の売却する折、ディーラーに下取りをお願いするのと買取業者に売るのは、どちらがよりよい選択でしょうか。

近頃は、一括査定などを利用して、買取業者に売却する人が多いです。

しかし、いつでも買取業者に売る方がいいとは限りません。一例を挙げると、決算期やお正月のキャンペーンの時などはディーラーに売った方が得になることもあります。

車を買取に出す上で、忘れてはならないのが印鑑証明の準備です。実印登録をしているなら、その市役所、もしくは役所の出先機関で、2通の発行を受けなければなりません。

近年では証明書発行サービスを扱っているコンビニもありますし、証明書を自動発行できる機械も役所に設置してあります。注意すべき点としては、一か月以内に発行された証明書でなければ受け付けられないことです。

取得して時間の経った証明書は使えないのです。