中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼

中古車専門業者のところに運ぶと、買取査定を

中古車専門業者のところに運ぶと、買取査定をすることができます。申し入れる場合は、場所によって査定金額が同一ではないことに気を配ることが必要です。いくつかの業者を引き合わせることで、高い値段をつけてもらうことができます。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。

最近はネットで複数の買取業者に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。何を優先するかは本人次第ですが、処分しようという車の年式や車種などによって下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。そしたら、買取のほうがダントツで高かったんです。30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、ディーラーから車を購入しました。

下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。

さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。

車の査定においては、なるべく高い査定額をつけてもらいたいものです。

そしてそのための交渉のやり方と手順を知っておく必要があります。最初にやることは、いくつかの買い取り業者に目星をつけて、そこから、見積もりだけもらってくるようにします。価格に関しての交渉はまだしないでおきます。

そしてそれらの中から一番高い金額を目安として業者と価格の交渉を始めます。これがうまく運ぶと、さらに高い金額が引き出せる可能性があります。しかし、何度も同じ業者相手に行う方法ではありません。

車を売る気はないなどと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、その辺りは見極めが必要でしょう。