なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう少

中古の車を売る際に車の買取査定を出来るだけ高くする秘

中古の車を売る際に車の買取査定を出来るだけ高くする秘訣があります。

車を売りたいと思ったなら、できるだけ早く車査定を受けることです。車は新品であるほど高く売れます。

そしてまた、査定をお願いする前に車をキレイに洗っておきましょう。車外だけでなく、車内も念入りに清掃して、消臭を済ませておくのも重要な秘訣なのです。

車の査定を受けるのであればその前に、洗車をしておくのが基本です。車の査定を実際に行うのは人なので、一目で手入れされてないとわかる汚い車よりはきれいに洗われた車に良い感情を持つでしょう。

そもそも車が汚れていては、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、査定額が減る場合があります。また、洗車を行うなら洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。

一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというとこれについては、意見は割れています。査定人に見てもらう時に、見苦しくないようにきれいにする方が良さそうなものですが、そうやってきれいにすると、小さないくつもの傷が見えてくるようになります。

しかしそうやって傷が隠されていたとしても、査定担当のプロも様々な車を見てきているわけです。

洗車の有無に関わらずキズの見落としをするとは考えにくいでしょう。ということであれば、汚れた車を見てもらうより、多少でも印象を良くするために、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。