車の売却をする場合には車査定をしてもらう人が多いでしょう。注意し

マイカーの買取下取り価格は走行距離によって

マイカーの買取下取り価格は走行距離によってかなり左右します。例えば、10万km超えの車では買取下取り価格に期待は持てません。

けれども、3年で3万km以内、5年で5万km以内、1年で1万kmぐらいの普通自動車だったりすれば下取りの査定額があがりやすいです。

過去、走った距離が少ないと車の状態が良いと判断されているわけですね。

買い取り業者を利用した車査定もだいぶ認知されてきたようですが、業者に査定を頼む前に車検を済ませておいた方がいいのかどうか、考えあぐねている人は意外と多いと言います。しかし、これに関しては答えははっきりしています。

というのも、査定額があがるのではないか、と考えて車検の期限が近い車の車検を査定前に済ませても、車検にかかった数万円、この金額より車検を通したことによってついたプラス分が、大きくなるということはなく、つまり車検費用の方が相当高くつくわけです。

車検が切れようとしている車なら、その状態のままで査定を受けてしまった方が良いようです。売りたい車に車検が残っているか否かというのは、業者側としてはそれ程重視するべき問題ではないということです。

車検切れの車は査定を申し込めるかどうかですが査定を受けること自体に支障はないのですが、ただ、車検を切らしている自動車はご存知のように公道は走れませんので、持ち込みでなく出張査定を頼むことになります。

実際のところ車検をちゃんと通してから売却しようとするより、いっそ車検は切らしたままで売りに出す方が得になるので、そのまま出張査定をうけることを決断しましょう。

出張査定についてももちろん、複数の業者を使うようにすると少し面倒に思うかもしれませんがメリットは大きいです。