2~3年前のことになりますが、自動車の買い替え

車を手放す際には、車査定とディーラー下取り

車を手放す際には、車査定とディーラー下取りのどちらかを選択する方が多いと思います。どちらの買取額が高いかというと車種の需要や人気などの条件によっては、車査定の方が高く買取ってくれることが多いようです。

なぜなら、ディーラーが行う下取りは標準査定価格を基にしていますし、また、新車の購入代金から買取額を値引くという方法で、価格を提示されますから、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、車本体の価値がはっきりしないままです。

そのため、車査定を選んだ方がディーラー下取りより高く買い取ってくれることが多いようです。車を業者に売った際、いつ、入金されるのか、「知りたい」という人は多いでしょう。

もしローンが残っていればその手続きを行い、再度車を精査し、漏れがないかなどのしっかりと確認する時間が必要なため、通常であれば、買取契約を結んだ後、次の日から大方1週間以内で振込がなされることが多いでしょう。

車査定サイトなどを通して、利用したい業者を選んだら、いよいよ実車の査定をしてもらうことになるわけですが、その際、揃えておくべき書類があります。自動車検査証、いわゆる車検証ですが、これと自賠責保険証書です。業者の訪問、あるいは持ち込み査定の日時が決定してから忙しく立ち回らなくてもいいように、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に一通り揃えておいた方が安心です。

必要書類を紛失していた場合は、再発行ということになりますので、物によっては時間もかかります。

必要書類はくれぐれも早めに揃えておくようにしましょう。